植物を育てる際には、綺麗なお花が咲くものがいいと感じたり、この色を見ると元気が出ると言った理由などで種類を選ばれるかと思います。今度は、食べられるだけではなく素敵な香りで普段の料理をおしゃれに美味しく演出してくれる植物はいかがでしょうか。

今回ご紹介するイタリアンパセリならそれが可能になります。イタリアンパセリは香味野菜に分類されるハーブです。育てたイタリアンパセリを少し収穫して料理に加えるだけで、あっという間にカフェで提供されるようなおしゃれな料理に早変わりしてしまいます。キッチンでも育てられる手軽さの、イタリアンパセリの育て方についてご紹介していきます。

 

イタリアンパセリはいろんな料理に使えるハーブ

イタリアンパセリはセリ科の植物です。一般的によく料理に添えられているパセリは、葉が縮れていますが、イタリアンパセリは葉が縮れていないので、どちらかというと見た目はパクチーに似ています。また、一般的なパセリと比べ苦味が少ないのに、香りが強いのが特徴です。イタリアンパセリはすっきりとした香りがします。どんな料理にも相性がよく、サラダにも使用されます。煮込み料理やオーブン料理の加熱する料理にも使用されますが、特に魚介類との相性が良いとされています。

また、イタリアンパセリは鉄分を多く含んでいることも特徴的です。ほうれん草や小松菜など鉄分が多いとされている野菜と比べても、その数倍の鉄分を含んでいます。もともと貧血気味の方や疲れやすい方にはお勧めのハーブです。

 

イタリアンパセリの育て方次第で一年中収穫できる

イタリアンパセリは、とても成長の早いハーブです。この後ご紹介していく育て方に注意していただければ、初心者でも問題なく育てていくことができます。また、ハーブは収穫に適した期間があり、それを過ぎると食用に向かなくなってしまったり、枯れてしまうことがあります。

しかし、イタリアンパセリは、常に数枚を残して収穫し、初夏に花茎が出てきたら摘み取るという環境でケアをしてあげれば一年中美味しく収穫することができます。

また、多めに収穫してしまった時も、生で食べたい時は、濡らしたキッチンペーパー包むことで保存でき、風味づけに使用したい時は乾燥させてしまえば、瓶で長期保存も可能です。イタリアンパセリを賢く育てて、毎日のお料理のシーンで活用しましょう。

 

イタリアンパセリの水やりは土の表面が乾燥してから

イタリアンパセリは、乾燥している環境を好むハーブの仲間です。このため、毎日1回というような定期的な水やり方法はあまり向いていません。イタリアンパセリが植えてある土の表面を見て、乾いていたら水をあげるようにしてください。

もし、プランター等ではなく、直接地植えしている場合は水やりは必要ありません。乾燥している方が好きなハーブなので、雨水だけで十分育つことができます。しかし、雨が降らない日々が続いて、元気がなくなってきているようであれば適宜水をあげてください。

また、イタリアンパセリは暑さを苦手としています。プランターを置く際には、一日中直射日光が当たる場所は避けて置いてあげてください。あまりに暑い時は、玄関の内側に避難させてあげることも必要です。そういったことが面倒だなと感じる方には、思い切ってキッチンで育ててみることをお勧めします。

もし、キッチンに日当たりのいい場所があれば、小ぶりのプランターにイタリアンパセリを植えてあげれば、夏の暑さも直射日光も関係なく元気に育ってくれます。土の状態も観察しやすいですし、何より使いたいと思った時に手に取れる位置にあるのはとても便利です。

 

イタリアンパセリに使ってあげたい土

イタリアンパセリは、ハーブ用の土かもしくは野菜用の土を購入して使用していただければ問題ありません。自分で土をブレンドしたい方は、イタリアンパセリは乾燥を好み湿気を嫌うハーブなので、水はけのいい土作りが大切です。

また、植える前に土が固い塊になってゴロゴロしていないか確認し、よく耕してあげてから植えてください。こうすることで水はけもよくなり、イタリアンパセリの根が土の中に深く伸びていってくれます。

肥料に関しては特に必要ありませんが、あげる際は収穫して食べる予定なので野菜用の肥料を与えてください。また、葉をよく茂らせてあげたい時は、窒素が多く含まれている肥料をあげると効果的です。

イタリアンパセリは、種からも苗からも簡単に育てることが可能です。種から育てた場合は、約10日間ほどで発芽します。その際、種蒔きの時に上から被せた土を押さえすぎてしまうと、種まで太陽の光が届かなくなってしまいます。発芽しやすいように、土を被せる時は、うっすらと柔らかくすることを意識しましょう。発芽後は、いくつか間引きする必要がありますが、これもサラダにして美味しく食べることができます。

もし苗から育てる場合は、苗に対してプランターが大きすぎると、いくら土に注意していても水はけが悪くなってしまうので、苗とプランターの大きさにあまり差が出ないようにすることをお勧めします。

 

まとめ

イタリアンパセリは、植物を育てる楽しさだけではなく、料理を華やかに美味しくしてくれる楽しさも味わうことができるハーブです。嬉しいことに、鉄分がたっぷり含まれているので、心だけではなく体の健康にも一役買ってくれます。

ぜひイタリアンパセリを育てて、日常生活に彩りを添えてください。